大阪府高槻市にある家族で通える歯科医院『デンタルクリニックいその』

新着情報

カテゴリー:

妊婦さんと歯科治療

  • ブログ

当院HPをご覧いただきありがとうございます。

 

近年、妊婦さんのオーラルケアついて関心が高まっているのをご存知ですか?

2019年に日本産科婦人科学会日本歯科医師会「妊産婦の予防歯科」の普及に向け連携する事を発表しました。(日本産婦人科学会HP 一般の皆様へお知らせより)

歯科と妊婦さんにどの様な関連があるのでしょうか?

今回は歯科医師が妊婦さんに知っていて欲しい事について書きたいと思います。

 

①妊婦さんは虫歯が出来やすくなる?!

「妊娠したら赤ちゃんに栄養が行くから歯がもろくなる」なんて聞いたことありませんか?

これは事実ではありません。

赤ちゃんに歯のカルシウムが栄養として吸い取られる事はありませんが、

妊娠中の虫歯リスクが高くなるのは事実です

 

<理由その1>唾液の変化

妊娠によるホルモンバランスの影響で、唾液の分泌量は減る傾向が観られます。唾液の減少は口腔内の清掃作用・酸の中和作用・細菌の抑制作用が低下するいった虫歯の予防効果の低減に影響すると考えられます。

 

<理由その2>つわりによる清掃不良

妊娠初期によくみられるつわりにより、奥歯の清掃が困難になる場合も虫歯の原因となるでしょう。

 

<理由その3>食事回数の増加

妊娠中期から後期にかけては胎児の成長によって胃が上方に圧迫され、1回の食事で摂取できる量が少なくなります。その為、食事回数を増やさなければならず、食事回数の増加で脱灰(歯の表面が溶けて虫歯になる状態)の機会が増加します。

この様に妊婦さんは虫歯になりやすいので、ヘッドの小さい歯ブラシを準備し、こまめに歯磨きをしましょう。

また、歯科医院で虫歯のチェックをし、早期発見・早期治療する事が大切です。

 

②妊婦さんは歯肉炎・歯周病になりやすい!?

妊娠中は歯肉炎・歯周病のリスクも高まります。

唾液の減少やつわりなどの影響で清掃不良になる事以外にも、歯周病に影響を与えるものが妊婦さんにはあります。

 

<理由その1>女性ホルモンの影響

妊娠により増加する女性ホルモンの影響で歯肉の毛細血管が変化し、炎症が起こりやすい状態になるのに加えて、女性ホルモンは歯周病菌の活動を活発化させるので歯周病になりやすく重症化しやすくなっています。

 

<理由その2>免疫力の低下

妊娠中は胎児を異物として攻撃しないように免疫力が低下しています。これが感染症である歯周病の増悪につながるのです。

 

これらで見られる妊娠性歯肉炎の他にも、妊娠性エプーリス(歯肉の異常増殖)などもあり、妊婦さんは歯茎の健康に気を付けなければいけません。ブラッシング指導や歯石除去などの専門的アプローチが妊婦さんには必須です。

また、お母さんの歯周病の状態は赤ちゃんにも影響するので注意が必要です。

 

③歯周病と早産・低体重児出産の関係

近年の研究では、歯周病によって早産・低体重児出産のリスクが高まる事が報告されています。

妊娠による女性ホルモンの増加で歯周病が悪化すると、歯茎の炎症成分は血管に取り込まれ全身にまわります。この炎症成分は子宮を収縮させるホルモンに似ているため、血中濃度が高くなると陣痛が早まります。

また、一部の歯周病菌は胎児の成長を抑制するとみられており、歯周病菌と低体重児出産の関連も指摘されています。

 

歯周病・歯周病菌によって高まる早産と低体重児出産のリスクは飲酒や喫煙よりも高い為、妊娠したら歯医者さんでブラッシング指導歯周病治療をうけ、清潔なお口を保つことが安全な出産には欠かせません。

 

④妊娠したら受けましょう!~妊婦歯科健診~

お口の状態を整え、虫歯や歯周病を治療・予防する事は、妊婦さんと赤ちゃんの為にも、安全な出産の為にも非常に重要です。ですから、妊娠したら歯科医院で検診を受けましょう。その際、妊娠していることを必ず申し出てください。

 

高槻市・島本町では歯っぴー健診で妊婦歯科健診を無料で受けられます

高槻市HP・歯科健診(歯っぴー健診)へ

島本町HP・歯っぴー健診(歯科健康診査)のご案内へ

 

基本的には妊娠中でも歯科治療は受けられます。より安全に歯科治療を受けるには妊娠中期に受診するのが良いでしょう。

ただし、全ての歯科医療行為に全くリスクが無いわけではないので、歯科医師と相談するようにしましょう。

必要であれば、産科医と連携して治療をしていく事もあるので母子健康手帳や受診している産科の診察券などを持参してくださると歯科医師としては助かります。

 

また、母子健康手帳には歯科健診のページが設けられており、口腔内の状態を記載するページの他、妊娠中のオーラルケアなどについてたくさん記載されているので、母子手帳を活用するのも良い方法です。


いかがでしたでしょうか?

安全に出産する為に今回のブログがお役に立てば幸いです。

ママになったら赤ちゃんの為にしてあげて欲しい事もありますで、また別の機会に書こうと思います。

 

 

 

 

 

ページトップへ戻る