ご予約・お問合せはお気軽に 072-669-6557

〒569-0002 大阪府高槻市東上牧2-2-1

高槻市 歯科 歯周病 矯正歯科 審美歯科 入れ歯

上牧駅のデンタルクリニックいその 歯科/歯医者の予約はEPARK歯科へ

求人情報

予診票

MOBILE SITE

左のQRコードを読み込んでいただくと、携帯サイトがご覧いただけます。

虫歯の治療

虫歯とは

虫歯とは誰の口の中にもいる細菌が出す酸によって歯に穴が開く感染症です。
現在では、虫歯になる要素として

  1. 歯垢(プラーク)の付きやすさや唾液の性質
  2. プラーク中の細菌
  3. 食事の成分と摂食回数

等が挙げられ、この3つの要素が合わさった時に虫歯が出来ると考えられています。
虫歯は進行の度合いによってC04に分類されています。その段階に合った治療をしなければなりません。

 

虫歯の進行と治療

C0は“虫歯になりかけ”の状態で、まだ歯に穴が開いていません。虫歯になりかけている部分は『まだらに白く濁った』ようになってしまいます。歯の溶けた部分が再度固まってくる再石灰化によって戻る可能性がある段階なので、治療法としては再石灰化を促進させる薬を歯の表面に作用させたりします。

C1は“虫歯の初期段階”で歯の表面のエナメル質という部分にのみ穴が開いている状態です。凍みたり痛み等の症状を感じることはなく、気づいていない人が多いですが、すでに歯には感染が始まっているため、その部分を除去したうえで、『樹脂』などで修復するといった治療が必要になります。

C2は“虫歯が中等度に進行した段階”で、エナメル質を超えて歯の第2層である象牙質まで穴が開き、感染が進んでいます。『冷たいものがしみる』『歯の一部が黒く見える』等の症状があります。この段階になると、感染した部分を完全に除去したうえで、樹脂やセラミック・金属の『つめ物』を使って歯の穴をうめるといった治療が必要になります。

C3は“虫歯が重度に進行した状態”で感染した部分は歯の神経まで達しています。感染した神経は細菌によって炎症がおこり『熱いものがしみる』『何もしなくても常時痛い』『痛くて噛めない』等の症状があります。強い痛みで悩まされる状態で、感染した神経を虫歯と共に除去し、歯を中から消毒していかないといけません。その為、神経の処置と大きく穴の開いた歯を『かぶせ』で修復するといった治療が必要になります。

C4は“虫歯の最終段階”で、感染は歯の根の部分にまでおよび歯の形が崩壊しており、歯の根の周りの骨が破壊され、神経は腐ってしまい『物があたると痛い』『ほとんど痛くなくなったが歯が大きく欠けた』『口臭がする』『欠けた歯のところがとがっている』等の症状が出てきます。この状態の歯はもはや周囲の歯や骨に悪影響を及ぼし始めているため、早期に『抜歯』をして隣の歯や骨を保護する必要があります。

よく歯を削らずに治すと耳にしますが、“現実的には「歯を削らない」のではなく『必要以上に多く歯を削らない』という事”です。虫歯の治療は『必要以上に多く「歯を削らない」』のが原則です。削った量が必要以下であれば虫歯を放置した事と同じになってしまいます。
たとえば、“今はC1なので削る量が少なくて済むが、それを躊躇してしまった結果、1年後にC3になってしまった”では結局後悔する事になります。ですから、虫歯が見つかった時点で必要なだけ感染した部分を削って除去してしまった方が、将来のご自身にとって得策となるのです。
なるべく多く削らない為には、早期発見・早期治療が大切になるのです。

Page Topへ戻る